〒791-8012 愛媛県松山市姫原2-6-11

電話番号 089-924-0888

一般歯科|松山市姫原の歯医者・歯科 感染対策 ひめ歯科クリニック

トップページ医師のご紹介当院のご案内設備紹介交通案内

一般歯科

季節の写真 6月

治療費について

右のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  一般歯科

一般歯科・小児歯科

老若男女を問わずお子様から大人への歯槽のうろう予防である歯石や歯垢とりまでしっかりメンテナンスを行っています。

むし歯の進行

むし歯の【C1】 歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになりま す。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

【C2】 エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

【C3】 象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出し ます。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄 を取ると歯がもろくなってしまいます。

【C4】 虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、 すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を起こし、腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場 合が多くなります。

ページトップへ戻る