〒791-8012 愛媛県松山市姫原2-6-11

電話番号 089-924-0888

インプラント|松山市姫原の歯医者・歯科 感染対策 ひめ歯科クリニック

トップページ医師のご紹介当院のご案内設備紹介交通案内

インプラント

季節の写真 5月

治療費について

右のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  インプラント

インプラントとは?

歯の大切さ

歯がなくなると、体の様々な部分に影響がでてきます。

  • ■歯のかみ合わせが悪くなり、歯が傾く、伸びるなど、歯並びに大きな影響が出てくる
  • ■しっかり噛めないことで、顔の輪郭が変わってきたり、顔にシワ・たるみが出てくる
  • ■ちゃんと噛めないので、消化器官に負担がかかってくる
  • ■発音がしづらい、歯を見せて笑えないなど、コミュニケーションがしづらくなる

などの症状が現れます。

インプラントとは?

歯を1本でもなくすと、歯以外にも様々なことに影響が出ることに気づきます。自然に微笑むことができなくなったり、歯や口がいつも気になり、残っている歯まで不快に感じることなど様々なことが起こります。肩こりがひどくなったり、はっきりしゃべれなくなったり、頭痛に悩まされることもあります。

また、抜けた歯をそのままにしておくと、顎の骨は減っていきます(吸収)。また、入れ歯にする際も支える骨が減っていると安定が悪くなります。

歯を支えるためにある顎の骨は、歯がなくなると生理的に退縮(吸収)します。歯が抜けてできた余分なスペースに、「噛み合う歯を失った歯」や「隣接する歯を失った歯」は少しずつ移動していきます。歯が抜けてしまったらそのままにせず、代わりになるものを入れて骨の退縮(吸収)を防ぐ必要があります。

入れ歯でお悩みのあなたへ

歯を失った場合、現在でも一般的な治療法として挙げられるのは「入れ歯」によって補う方法でしょう。しかし、総入れ歯・部分入れ歯といった種類を問わず、入れ歯に対する不満を抱えている患者さんは多いのが現状です。

入れ歯の問題点

  • ■健康な歯が痛む
  • ■見た目が良くない、目立つ
  • ■外れやすい、ズレる
  • ■発音しにくい、会話が不便
  • ■口臭が気になる
  • ■味や温度が伝わりにくい

このような不満やストレスを持ったまま生活を続けていくのは精神衛生上、好ましくはありません。この問題をすべて解決できるのがインプラントです。

入れ歯に対する不満を抱えている患者さんは、快適な生活を手に入れるために、ぜひインプラント治療を選択肢としてお考えください。

インプラントの長所・短所

インプラントの長所・短所

インプラントとは、チタンでできた人工歯根のことです。インプラント治療は、人工歯根を植え込み、「歯の土台」を作り上げることで、「噛む力」「健康な歯への影響」などの問題点を解決し、極めて自然歯に近い、歯を作り上げることが出来ます。そのことからインプラントは、乳歯、永久歯に継ぐ「第三の歯」と呼ばれています。

インプラント治療の短所は、治療期間が3~6ヶ月かかることです(治療法・歯科医院による)。
しかし通院回数は6~8回なので、負担は少ないと思います。

またインプラントは自費治療なりますので、他の治療法に比べると治療費が高くなる場合があります。
しかし当院では料金についても治療前のカウンセリングでご納得いただいてから、治療に入りますので、ご安心ください。

色々と不安な点もあるとは思いますので、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント治療やその他の治療それぞれに、メリット、デメリットがあります。
その点をよくご理解されて治療方法を決められることをお勧めいたします。

■入れ歯

入れ歯
良い点
・ブリッジのように健康な歯を大きく削られなくて済む。
悪い点
・噛む力が健康な歯に比べて30%。
・バネによる隣の歯への負担がかかる。
・違和感が多かれ少なかれある。

■ブリッジ

ブリッジ
良い点
・固定式であるため違和感少ない。
悪い点
・健康な歯を削ることがある。
・支えになる歯に大きな負担がかかり将来的に歯を失う原因となる場合がある。

■インプラント

インプラント
良い点
・天然歯のように顎に固定されているので違和感なく噛むことができる。
・隣の歯を削る必要がない。
・顎の骨がやせにくい。
・見た目がきれい。
悪い点
・顎に埋め込む簡単な手術が必要。
・費用が高くなることがある。

インプラントと審美性

ただ咬めるというだけではインプラントは成功したとは言えません。見た目が天然の歯とかわりなく、自然で美しいことが重要です。このため、優れたインプラント治療には、審美歯科の専門的知識と技術も必要となります。

■インプラント治療の審美性とは

今やインプラント治療も審美性を追求されています。単に歯の機能を復活させるだけでなく自然な美しさを取り戻す審美的な回復を求めた治療でもあります。歯は健康と美しさに重要な役割を担っています。自分の歯で噛むことは、長寿の条件の一つと考えられ、精神的にも良い影響があると言われています。そして自然な口元が見せる生き生きとした表情や笑顔は美しさの条件です。

■審美性の形態

周囲の歯を使用せず最も自分の歯に近い構造ですので、見た目にも優れた歯科医療です。

審美歯科治療は傷んだ歯だけを治すだけでなく、歯・歯肉全体・口元全体をトータルに診てバランスを考えてより美しく治療するのが特徴です。そのため、審美歯科を取り入れたインプラント治療は、骨の吸収が大きい場合を除いては、自分の歯と区別できないほどの審美性を取り戻すことができます。

インプラント治療を受ける前に

インプラント治療を受ける前に

入念な検査と治療計画を立てることが大切です。安全に、そして長い間快適にインプラントをご使用いただくため、当院では入念な検査を行い、患者さんと一緒に治療計画を立てていきます。

■安全上インプラントできないケース

  • 糖尿病で血糖値のコントロールが悪い
  • 重度の肝疾患
  • 心不全を伴う重い心臓病
  • 血液透析を受けるような重度の腎疾患
  • その他の病気(コントロール不良の高血圧症や感染に弱い持病のある方、重症の骨粗鬆症で骨密度が異常に低下している人)

当院では、少しでも危険性があると判断した場合は、専門医の意見を求めますので、持病の申告をお願いします。いくら機能性も審美性も兼ね備えたインプラント治療を受けたいと願っておられても、リスクを侵してまで行う手術ではありません。

インプラント手術法

1.審査
1.審査
インプラントに必要な検査(レントゲン、歯周病の検査等)を行い、インプラントが可能はどうか診断します。その後治療計画を立てます。
次へ
2.フィクスチャー埋入手術
2.フィクスチャー埋入手術
局部麻酔後、歯の根に相当する部分(フィクスチャー)を顎の骨に埋入します。手術時間は本数にも異なりますが20分~60分程度です。
次へ
3.治療期間
3.治療期間
骨とインプラントがしっかり結合されるまで1~3ヶ月設けます。期間は骨の質になどにより個人差があります。この間に必要に応じて仮歯を入れることもあります。
次へ
4.人工の歯の装着
4.人工の歯の装着
インプラントの上部構造を装着し、型をとります。 後日(7日~10日後)、来院して頂き、人工の歯を装着して完成です。

手術後のアフターケア

インプラントの手術後の注意事項

手術後の注意事項としては一般的に次の項目があります。
インプラントの手術後は数日間患部を安静にすれば通常の生活をしていただいて結構です。
ただ、インプラント手術は些細といっても外科治療ですし注意するに越したことはありません。

手術直後の注意事項

  • インプラント手術1時間後麻酔の影響があり感覚が鈍くなっており、誤って唇や頬を噛んでしまったり飲食時に火傷をしてしまうこともある。
  • 麻酔がきいている間は、誤って舌・頬・唇を咬んでしまいますので、食事は摂らない。
  • オペ当日は唾液に血液が混じってしまうこともあり、傷の直治りが悪くなることもあるので、インプラント手術当日は強くうがいをしない。
  • 翌日からは処方されたうがいで、毎食後と就寝前にうがいをする。
  • 歯磨きはインプラント手術当日から歯だけを磨く。歯ブラシにはうがい薬の原液を1滴付ける。
  • インプラント手術から1週間、飲酒や香辛料の強い食物はとらない。
  • 過度な運動やお風呂は控える。(シャワーは可)
  • 自宅では患部を冷やさない。
  • 投与された薬は指示通り服用し、もし異常があれば中断して担当医に連絡のこと。
  • インプラントは歯ぐきを通常よりも清潔・健康に保つことが大切ですので、今後はより丁寧に歯磨きをおこないましょう。
  • 2週間程度は、飲酒や喫煙などは控えて体調を整える。

治療後の定期検診

インプラントの治療終了後は、半年から1年に1回の定期検診を必ず受けてください。各部ネジの締まり具合の点検や噛み合わせの調整を行います。
また、ご自宅でも自分の歯と同じように正しい歯磨きを通してのプラークコントロールを行ってください。インプラントを長く快適に使っていただくためにも、しっかりとアフターケアを行うことが大切です。

インプラントQ&A

治療期間はどのくらいですか?
個人差はありますが、一般的に2ヶ月から4ヶ月程度です。インプラントを埋入する部位にもよりますので、担当医にご相談ください。
費用はどのくらいかかりますか?
インプラント治療は現在保険治療が行えません。使用する本数や種類などによって異なりますので、詳しくは担当医にお尋ねください。
治療はだれでも受けられますか?
顎の骨が完成する20歳前後から、お年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。ただし、妊娠中の方や全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、ご相談ください。
一度入れたインプラントに寿命はありますか?
患者さんのお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。
インプラント治療後、食べ物などの制限はありますか?
インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となりますので、自分の歯と同じように固いものでもしっかりと噛むことができますので、入れ歯のような制限はなくなります。
手術の時は痛くないでしょうか?時間はどのくらいかかりますか?
手術の時は麻酔をしますので痛みはありません。時間はインプラントの本数や、諸条件によりますが、短時間で終わります。インプラント2~3本で通常1時間半以内には終了します。歯を抜くのと同程度の時間です。
インプラント手術が失敗することはありませんか?
病歴や健康状態の問診、口の中の検査、レントゲン撮影、歯形の採取などの充分な診察を行い、万全を期して手術に臨みますので、全く心配ありません。
治療中は3~6ヶ月歯のない状態で過ごさなくてはなりませんか?
いいえ。この間は仮の入れ歯を使用することができます。
治療後、どれくらい仕事を休まなくてはなりませんか?
休む必要はないと考えます。ほとんどの方が次の日から出勤されています。
治療後、禁煙した方がいいですか?
禁煙することをおすすめします。喫煙はインプラント治療に悪影響を及ぼします。
手術後、注意することは?
インプラント手術後、数日間は歯科医師の指示に従って安静に。食事にも配慮を。手術自体は麻酔をして行うので、ほとんどの場合、痛みもありませんが、麻酔が切れてからの痛みや手術後1~2日、痛み・腫れが出ることがあります。
歯科医師の指示を守り安静にする他、食事もかたい物を避けるなどの配慮をしましょう。
ページトップへ戻る